読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

列車に飛び込まないで…

■踏切で列車と車衝突、車が炎上し男性死亡 JR東海道線

(朝日新聞デジタル - 03月02日 08:33)

JRの場合、人身事故で2時間止まれば、当該列車のほか、後続列車も無論遅れます。そして、特急が含まれると、無賃送還制度で特急料金を払い戻さなくてはならなくなります。旅客が移動を中止した場合、乗車券を払い戻すこともありますし、振替旅費もかかります。貨物列車が止まれば最寄りの貨物駅に大量のトラックを配車して運ぶ場合もあります。そして、現場検証や救助のために血税が消費されます。車両や線路設備の点検修理をしなくてはなりません。ちなみに人身事故の現場検証は、いったん列車をバックさせて、実況検分します。そのとき、運転士は自分の列車が人を踏みながら走るのでトラウマになることもあります。退職に追い込まれる人もいるでしょう。

乗客の中には、大事な取引を抱えた人、故郷の家族の心配を抱えた人、愛する家族の誕生を待つ人、大切な試験を控えた人、さまざまな人がいます。

貨物列車の中身は工場や工事現場の材料、生鮮食品、寒さをしのぐ灯油、車や機械の燃料などです。

だから、鉄道がどういうものか理解して踏切を渡って欲しいのです。変な写真撮影はやめて欲しいのです。スマホを見ながら駅を歩いて欲しくないのです。