読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【コンサルタントの戯れ言 2017-03-09】〜あえて厳しい環境に身を置く〜

先日、

若手社員の方と話していた時、

会社を辞めた先輩社員のことが

話題になりました。

その会社は

社内の雰囲気も良く、

ホワイト企業の典型のような

働きやすい会社だと

社員も評価しています。

それは良いことですが、

逆の見方をすると、

緩い会社です。

その先輩社員は

その緩さの中にいると

居心地の良さに

甘えてしまうことが

恐かったそうです。

そして、

仕事に関して

社員に厳しい要求をする会社に

転職したそうです。

最近、

その先輩に会ったそうですが、

しんどいけれど

頑張っていると語る表情が

輝いていたそうです。

成長するためには

厳しい環境に身を置くことも

一つの方法だと思います。

話をしてくれた若手社員も

いつか飛び出すかもしれません。

ただし、

会社を変わらなければ

成長出来ないわけではありません。

厳しい環境に身を置かなくても

成長することは出来ることを

お伝えしました。

緩い環境の中で成長するには

厳しい環境に身を置く以上に

強い意志が必要ですが。

いずれにしても、

成長する意欲のある人は

応援したいと思います。