読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴走タイムNEXT(忘れてはいけない日)

暴走タイム・・・NEXT☆

としこう「としこうと!!!」

みらい「朝日奈みらいと☆」

リコ「十六夜リコと☆」

いちか「宇佐美いちかと☆」

ひまり「有栖川ひまりと☆」

あおい「立神あおいと☆」

ゆかり「琴爪ゆかりの☆」

全員「暴走タイム、NEXT!!!」

としこう「今夜も始まりました暴走タイムNEXT!

司会は私としこうと、今夜はこちらの方々でお送り致します!」

みらい「うわー☆今年のプリキュアも沢山になったね♪」

リコ「ほんとね。早くも4人目?既に私達より多いわ。」

いちか「そうなんです☆ 今日も新しく仲間になってくれた・・・」

ゆかり「琴爪ゆかりよ。よろしく。」

としこう「どうもよろしくお願いします。

いや、何というか・・・これまでの3人と違って大分大人な感じがしますな。」

あおい「えーっ。私たちは大人じゃないのー?」

みらい「そりゃ・・・ねー。」

リコ「あなた、中学生でしょ?」

あおい「うん。中2。」

としこう「そしてひまりちゃんが小6だよなー。」

ひまり「あーっ、酷いですっ!私も中2ですっ!」

みらい「えーっ!?今、中2って言いました!?」

ひまり「言いましたっ!酷いですよぉ・・・」

リコ「そうよ、みらい。歳と見た目は比例しないのよ。」

ひまり「リコさんのがもっと酷いですぅ・・・」

リコ「ええっ!?ち、違うし!人を見た目で判断しちゃいけないって言うか・・・」

としこう「おーい、リコちゃんや。どんどん墓穴を掘っているぞ。」

リコ「ああぅぅ・・・」

いちか「でも、ゆかりさんは中学生では無いんですよね?」

ゆかり「ええ。私は高校生。あなた達より年上ね。」

としこう「せやで。君たちも年上にはちゃんと孝行せい!!!」

いちか「・・・・・・」

リコ「・・・・・・」

あおい「・・・・・・」

ゆかり「・・・ぷっ・・・フフフ♪」

ひまり「えーーーーっ!?ウケたんですか!?

こんなの・・・説明出来ません!!!」

ゆかり「うふふ・・・あなたも、面白いわね♪」

としこう「え・・・や、やだなぁ。ギャグのつもりで言った訳じゃないのにー。」

あおい「またまたー、としこうも冗談きついぜー。」

としこう「え!?今、としこうって言いました!?」

みらい「あーっ!それ私の台詞ー!!!」

リコ「まぁまぁ、落ち着いてみらい。」

あおい「・・・あ!ご、ごめん・・・としこう・・・さん。」

としこう「あーいいのいいの。どっちかっつーと呼び捨てでも歓迎だお。

呼びやすいようにやってくれやー。」

あおい「お、そう?じゃあこれからもよろしくな!としこう♪」

としこう「さて、歴史的な和解をしたところで。本日のニュース。

【リアルニュース ウィークリー】。本日のニュースはこちらです!」

♪「東北がんばれ心つなげ」新聞のラテ欄縦読みでメッセージ