読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壊れ

まだ幼さの残る僕ら

奇跡的に交差して出逢い

仲良いふりをして

ただ寄り添うだけだった

純粋な顔をして

時間を溶かしてゆく

意味はないのに微笑んで

寄り道をしたかったのか

夜の海で波打ち際に

ただ君は裸足で

遊んだ帰り道

何も考えずにキスをして

離し方が分からなかった

居なくなってしまった日

大丈夫になってしまった日

同じ1日なのに違う

君が居なくなって大丈夫になる

そんな自分がとても嫌だった

ふと思い出す

昔の事や昔の言葉

目をつむったら

またあの日の僕らだった