読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助かる気がないヤツを救うことはできない

この男子高校生は偉かった。

だって自分を助けようとしたんだもん。

「雪食べて、息をして、コイツを助けてやろう」

そんなふうに思って、

実際にそんなふうに行動して、

助けてあげたいんだから偉い。

もしも雪崩に巻き込まれた時点であきらめていたら、

この子は助からなかったかもしれない。

人は人を助けられない。

地球の裏側で戦争が起きてる。

そんなとき、俺に一体何ができる?

何もできないし、するつもりもない。

だって関係ないもん。

地球の裏側で起きていることなんて、

俺には関係ないんだ。

じゃあ地球の裏側じゃなくて、隣の国で起きていることは?

それも関係ない。

だって俺外国に行ったことないし、行く予定もない。

じゃあ日本国内、沖縄や北海道で起きていることは?

それも俺には関係ない。

俺本州からでる予定ないし。

千葉で起きていることは?

妻に起きていることは?

子供に起きていることは?

みんな関係ないね。

柴田恭平だよ。

俺は俺を助けるのに精一杯だ。

俺は俺しか見えない。

俺は俺のことしかわからない。

俺は俺のことしか助けられない。

俺はそういう人間だ、わりーか!!

自分のことしか考えられない俺は、悪者か?

俺はそうは思わない。

人は自分のことしか考えられないんだよ。

そんなこと、おまえだってよくわかってるだろ。

人の心は読めない。

人の心はわからない。

人が何を考えているかは、わからない。

でも自分の心ならわかるだろ、なんとか。

寂しいのか、

苦しいのか、

つらいのか、

悲しいのか、

助けてほしいのか、

ほしくないのか、

わかるだろ。

俺は他人の心なんか知ったこっちゃない!

でも、自分の心は知ったこっちゃある!!

助けてほしいんだかほしくないんだかわからない他人よりも、

助けてほしいのかほしくないのかわかる自分を助けるのは簡単だろ?

自分を見捨てるなよ。

人は見捨ててもいいから、自分のことだけは見捨てるなよ。

俺は冷たいか?

俺は間違ってるか?

考えてみろよ。

『どうしたら世界を救えるか』

そのことについて。

むずかしいか?

簡単だろ?

地球を救うなんて。

地球に住む人ひとりひとりが、自分を助ける。

10人とか100人とか1000人とか35億人とか、

そんな膨大な数の人間を救う必要はない。

たったひとり。

たったひとり。

世界中の人間が、たったひとりの人間。

『自分』を救うだけで、

それだけで自動的に、世界は救われる。

簡単だろ?

「周りの人を助けよう」

「困った人を助けよう」

「苦しんでいる人を助けよう」

そうじゃねーんだよ。

『自分を助けよう』

それだけで、世界は救われる。

それをサボっているヤツがいるから、

面倒なことになるんだよ。

「私はどうでもいい、子供をしあわせにしたい」

「私は助からなくてもいい、愛する人を助けてほしい」

それは自分勝手な考え方だってわきまえろよ。

てめーがしあわせじゃないと、子供もしあわせになれないんだよ。

てめーが助からないと、愛する人も助からないんだよ。

人を助ける前に、自分を助けろよ。

みんながそうすりゃ、みんなが助かる。

誰も不幸にならなくていい。

人を助けるのは、ついでだ。

自分をしあわせにして、余裕があったら人を助ければいい。

人を愛する前に、自分を愛してやれよ。

自分を愛せない奴がなにをやったって何を言ったって、それはウソだろ。

だってそいつは、自分自身を「キライだ」って否定しているんだから。

そんなヤツから吐き出される言葉は、闇にまみれている。

それはみんなウソだ。

まずは、自分だ。

おまえが助かれば、みんなが助かる。

おまえがおまえを愛せば、みんなが嬉しい。

自分の中を愛で満たさない限り、

人に愛を持って接することもできない。

自分の中がむなしさであふれているヤツが言う言葉は、

どんな言葉だって虚しさに変わる。

世界を平和にするために、70億人を救う必要はない。

たったひとり。

自分を救えば、世界は平和になる。

なんだかんだよくわからねー理由をつけて、それをサボるなよ。

■雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒

(朝日新聞デジタル - 04月03日 07:18)