読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【音楽】新たにわかった事

最近ジェネシスの事ばかりですみません。

ブートレッグ本のおかげで

これまでわからなかった事や

新しく知った事があって嬉しくて。

ジェネシスが好きだといっても

CDを聞いたり雑誌を読んだりするくらいで

周りにジェネシスが好きな人も

ほとんどいなかったんで

情報を教えてもらう事もありませんでした。

ジェネシスに詳しそうな方って

gonggenesisさんと豚館さんくらいかな?

残念ながらそんな話をする機会もなく。

わかって嬉しい事の1つは、

ジェネシス・ファンの間では

有名なのかもしれないけど

DVD付きでアルバムが再発された時に

データにジェネシスピーター・ガブリエル

再度一緒にやったコンサートの

情報があったんですが、

詳細がなかったんで

本当にそんな事があったのか

聞いた事もなかったんで疑心暗鬼でした。

情報の読み間違いなんじゃないかと。

で、今回この本で事実がわかりました。

ピーターが主催するイベント『WOMAD』が

国鉄のストと重なり集客が悪く

赤字になったのをジェネシスが助けるために

行った1回だけの再結成コンサートが

1982年10月2日のイギリスは

ミルトン・キーンズ(キーネス?)

『コンサート・ボール』での

コンサートです。

この頃ジェネシス

『アバカブ』のツアー後ですが

ピーターのために古い楽曲を演奏。

ピーターは”君のTVショー”で

ドラムも叩いてます。

スティーヴ・ハケットも2曲でゲスト参加。

ジェネシスはピーターの

”ソルスベリー・ヒル”も演奏。

また、ピーターはこの時に

初めて再びジェネシス

コンサートしたわけではなく、

1978年7月29日のアメリカ・ニューヨーク

マディソン・スクエア・ガーデン』での

コンサートのアンコールで

2nd.アルバムのプロモーションに

来ていたピーターが参加しています。

ジェネシスは『…そして三人が残った』の

ツアー中の事です。

またジェネシス

1982年9月27日にイギリス・ロンドン

『マーキー・クラブ』で

チャーターハウス時代のバンド名をもじった

オーヴァー・ザ・ガーデン・ウォール

の名義で、

シークレット・ライヴをしています。

『アバカブ』のツアー後なので

選曲はツアーと変わらなかったみたいだけど、

大きくなり過ぎたバンドを

小さいライヴハウスで見れたのは

羨ましい限りです。

またジェネシス、初来日したのは

1978年11月末から12月初めの

『…そして三人が残った』の時なんですが、

なんとテレビ番組『11PM』に出演して

2曲演奏してるらしいんですね。

この映像、見てみたいものです。