読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内容証明

例のクソやぶ医者に内容証明を出すことにした

内容は↓

■ 病院名よ○みね内科クリニック

院長氏名与○嶺宏

■ 担当医の氏名与○嶺宏

■ 事件概要(いつ どこで なにをされたか

平成29年4月17日

調子が悪いのでこの病院へ診察へ

男性医師「咳が止まらなくて」

と言ったら開口1番…

「その咳、治さなきゃいけないの?」

しばらく前から咳続いててその時(恐らく3月28日)も診てもらったけど治らないから来たのだが

男性医師「今、咳出てないじゃない」

私「出たり出なかったりなんです」

とグダグダ

私「結局、病名はなんなんですか?」

男性医師「慢性病巣じゃない?こんなのたいしたことないない

私「じゃあ早く薬出せ!」大体、前に診てもらった時と病名(確か喉が腫れて風邪)も薬も違う

で次の日の4月18日に急に高熱が出て関節の痛みが出た、インフルかもしれないってメンタルクリニックの先生に言われたのでそのまままたここの内科へ。今度は女医さん登場隔離されました。熱は7度まで下がっていました。インフルの検査は陰性。でも、扁桃腺がものすごく腫れてたので喉のバイ菌検査(溶連菌)をしました。結果は陽性。ほっとくと菌が頭に回ったりして死ぬよと言われました。…なにが、たいしたことないだ。死ぬかもしれなかったとのこと完全なる誤診…こうなる前(3月28日)にレントゲン、溶連菌等の検査をしていれば……

婚約者が同伴して女医さんに言いたいことを言いました。

そしたら他の病院に入院しろって

謝罪も求めたけど例の男性医師は現れず

結局、私はみなとみらいのけ○ゆう病院に入院しました。

色々、検査して担当医の西○先生はレントゲンで肺炎になった跡があり、また肺炎を再発してるとの事

年が年なら危なかったそうです。11日間入院しました。

5月2日に退院しましたが、まだしばらくは微熱、咳は続くとの事

何故、最初の与○嶺宏医師はレントゲン、溶連菌等の検査をしなかったのか?

■ 被った損害

精神的苦痛、治療費、入院費

■ その時から現在までのお気持ち

与○嶺宏医師の横柄な態度

ドクハラ

意味のわからない質問(その咳は治さなきゃいけないの?等)への疑問

良いかかりつけ医と思ってたのに裏切られた思い

■ 相手への要望事項与○嶺宏医師からの正式な謝罪