読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いってみゃビルまでたつ感動ミャンマー 34チャット

とりあえず一通り星や寺院の撮影も終わった

その時点で日の出まではまだ2時間以上

昨日の気球ツアーで太陽の出る位置は把握済み

あの山の左側で間違いない

サンライズとパゴダを番キレイに取れるのはどこだ

誰もいなししあっちゃこっちゃ探ってベスポジをゲット

さてこの後どうしようかといってもやることは何もない

寒い中人ぼんやりと景色を楽しむのみ

しばらくすると階段の方から「ゴソゴソ」と音が…

ふっと振り向くとデブッチョ女性が人やってきた

恐らくヨーロッパ人だろうが階段が狭いので

荷物もあるし中々上って来れなかったようだった

サンライズはどっちですか?」って聞かれたんで

「こっち側から見えますよ」

ってしょうがないから教えてあげたわ

さあそこから更に時間がすぎ日の出の1時間前

大きなエンジン音がするので下を覗いてみると

大型のバスが寺院の前に横付けされていた

集団でバスを降りてきたのは明らかに欧米系ではない

べちゃくちゃ騒がしくしゃべっているんで

もしや思って上って来るのを待ち受けていたら…

やっぱり案の定 中国人であった

あ〜あ ついにやつらに遭遇してしまった

騒がしいしマナーも知らない中国人

早速タバコを吸ってその辺にポイってふざけんな

ミャンマー人が毎朝毎日 寺院を掃き掃除して

ゴミ1つないようにキレイにしているんだぞ

本当なら「バカヤロー」って言ってやりたい

まあ寺院以外はゴミだらけで汚いけどさ

それに続いて他の欧米人たちも合流

テラスもいっぱいになって騒がしくなってきた

東の空も少しずつ白み始めてきて

あれだけ輝いていた空の星も消えてきた

慌ただしい中国人たちは何でも写真を撮りまくる

こっちとらフィルムなんで一発必中

何でもかんでもシャッターを切っておいて

後で選択といわけはにはいかないのだ

多少雲はあるものの太陽が昇る水平線上になく

昨日に続き完璧な日の出が見られそう

アーナンダ寺院の奥からは続々気球が浮かび始め

いよいよ待ちに待ったサンライズ

「来た〜」

水平線から昇ってゆく太陽とパゴダ

そしてその美しい大自然と文明の融合に

皆 心奪われているようだった

わすが分ほどの出来事だったが最高の瞬間

「気持ちいい〜」

早起きは三文の徳とはよく言ったものだ