読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとDIYのお話w

最近になってDIYという言葉が目立つようになったが

俺が幼少のころからホームセンターではDIYコーナーがあった。

まだまだ素人が電動工具を持つ時代じゃないときだ。

いまでこそ小遣い程度の価格で電動工具が買えるが

そこで

よく聞くのが、ネジが舐める、つまりネジの頭の部分が、ドライバーが空回りしてしまうこと。しっかり押さえないのでネジ頭がつぶれて、ネジが馬鹿になるともいう。

100均の工具だからと工具の責任にする人もいるが

実は100均の手回しドライバーはよくできているのだ。焼き入れ具合もちょうどいい。

ちゃんとラバー製のグリップのものなら、割れることもない。

そして電動工具が容易に変える今の時代でよく聞くのが、やはりネジ頭つぶして空回り。

そりゃあ高トルクで高回転のドライバーなので、そうなるのもわかる。

使い方次第なのである。

ハッキリ言って、車のホイールナットや、DIYのねじ回しなど、手回しのほうが強く締め付けできるのが本当の話。電動だから強いというのは間違えで、早いというのは合っている。

これから電動工具を買いたい人は

電動ドライバードリルなら9.6V以上のもの(20N/M以上のトルクのもの)

電動インパクトドライバーなら14.4V以上の最低でも100N/M以上の高トルクのもの。

電動インパクトレンチなら18V以上の300N/M以上の高トルクのものである。

女性でも扱えるコンパクト!などを売りにしているものを数千円も出して買うなら、100均の手回しドライバーの方がましなので、買わないほうがいい。

また高いでしょ?と思っている人は

充電式ではなくコード式を買ってください。

この手の電動工具は売られている価格の半分は、バッテリーの価格です(笑)

自宅で使うに限る人もコード式のほうがいい。

たまにしか使わない人も充電する時間を待たなければいけないので、コード式をオススメ。

俺は充電式に限るという人間だがw

最初からインパクトドライバーをお勧めしたいが、回転打撃によるトルクで無理やりネジを回すので、トリガーの引き具合で調整しながら、ネジが壊れないように打ち込むという技術が必要。

自信のない人は打撃のない電動ドライバードリルをオススメ。せっかくなら25N/M以上のトルクのものを選んでください。それ以下のものではウッドデッキさえ作れない代物で、カラーボックスを組み立てられる程度ですw